プロフィール(profile)

1970年:大阪大学院工学研究科・原子力工学専攻博士課程修了。 18年間、民間企業に勤務後1988~2008: 湘南工科大学へ転属、誘電体、熱電半導体の研究と教育に従事。2009~2013年: 神奈川大学で熱電半導体の国のプロジェクトに従事。1993~2001: 資源エネルギー庁技術顧問、1997~2000: 熱電半導体JIS制定委員会委員長(平成14年JIS制定)、2001~2012;経産省・総合資源エネルギ-調査会臨時委員を歴任。2009: 杉原科学技術研究所設立(横浜)。2014年; 「NPO光と水の研究所」設立(福島)、資格: 工学博士(大阪大学--1970)原子燃料取扱主任者(文科省--1972年)、技術士(化学--1989年)。所属学協会: 日本セラミクス協会、日本技術士会、DV-Xα研究協会、日本熱電学会。

 

 

1970; graduate school of Osaka university,  nuclear engineering (PhD), After that worked for private company of nuclear fuel for 18years, then moved to Shonan Institute of Technology  in Kanagawa Prefecture to research the ceramics of dielectrics, thermoelectric semiconductor relating to energy(power ) generation, battery and energy transfer. Sugihara Research Institute of Science and Technology (2009, Yokohama) and NPO Institute of light and water (2014, Fukushima).   Certificates of chief of nuclear fuel treatment (1972) and professional engineer (chemistry,1989).