来月10月24~26日に"ナノ科学と技術"の学会が福岡・ヒルトンホテルで開催されます。そこで「日常生活とエネルギー

のためのナノ以下の水の弱いエネルギーの広い応用」と題して講演します;

BIT's 7th Annual World Congress " Nano Science and Technology 2017" 

 http://www.bitcongress.com/Nano2017/ScientificProgramme6.asp 

Title: Wide Applications Using Weak Energy from Water of Less Than Nano Size for Daily Life and Energy
Dr. Sunao Sugihara, Director, Sugihara Research Institute of Science and Technology, Japan

ナノの科学技術に関する国際学会で発表(10月25日)を終えました。今までの水の基礎、応用に関する研究成果を総まとめ的(本ホームページの「こんなことをします」の内容)に話しました。何とか生体、環境の改善にもっと”たかが水、されど水”を広げたいです。

7月のトッピクス

タイ(バンコック)において、水の基礎的話しとその応用について、セラミックスや

食品の鮮度保持に関して講演(2017/ 7/13~14).

Lectures in Thailand (Bangkow) about water basic science and application for ceramics and keeping foods fresh in July 13~14th, 2017.

3月のトピックス:World Congress of Smart Material 2017 (Thailand, Bangkok)http://www.bitcongress.com/wcsm2017/ScientificProgramme1.asp

で、”生態系のための特別処理した水の科学と応用”というタイトルで発表しました。

Title: Basic Science and Application of Specially-Processed Water for the Ecological System

 Thema 507 のセッション「Smart Material for Environment 」(March 18 )、午後の部です。

3月はタイ(バンコック)で「Science and Application of Specially-Processed Water for the Ecological System」(生態系のための特殊処理水の科学と応用)というタイトルで

講演をしてきました。セメントの関係で興味を示してくれた会社の役員の方との出会いもありました。

阪大銀杏技術士会にて、4月30日に講演。タイトルは「放射性物質の半減期を早くする---その理論と5年間の実験の追跡-----

 第88回STF交流会(日本技術士会)

「バイオ&ごみ発電」について、4月22日に東京で講演。

タイでの講演

I made presentaion of " Basic Science and Application of Specially-processed Water for the Ecological System" in Thailand (3rd Annual World Congress of Smart Material 2017).

参加者は300~400人で世界各国からバンコクに集い、Avani river side hotel で3/16~18に開催。

 

レーザー加工のベンチャー;

 株式会社ナノプロセスは高度な微細加工技術で様々な素材に対応しているユニークな会社で、精密レーザー加工はまだまだ日本では少ないから面白いです。

 

 杉原科学技術研究所 (S-rist )は「こんなことをします」

水やエネルギ-にまつわる基礎的科学から応用技術相談、また講演(エネルギー関連の材料とくにセラミックス)もお引き受けします。

Consulting for "water and light " and " energy (power of electricity) " , and lecture for

energy-related materials (electronic ceramics in particular), which S-rist provides.


 

「世界3位の地熱資源国」

(1229)。地熱発電は止めるべきです。なぜなら、火山の活動を活発化し、そこからマグマが出やすくなると考えるからです。現に最近カリフォルニア、イタリヤの火山の爆発があったばかりです。これらの地域は地熱発電に力を入れています。
http://s.pod.tv/u.php?no=17424

 

最新情報 (topics)

43 th Japan Principal Engineer Conference (Nov.14, 2016):  I had a presentaion in the title:

"Processing methods of hydrogen from the water toward the hydrogen- energy society". This is not the method to utilize titania with solar beam, but we use the themoelectric semiconductor.  

 

第13回 日本熱電学会学術講演会 @東京理科大葛飾キャンパス

(Annual Meeting of the Thermoelectrics Society of Japan  @ Tokyo University of Science, Katsushika campus) 2016/ 9/ 5~7。

功労賞を受賞しました(写真左から2人目)。I was awarded for distinguished service from the Thermoelectric Soiety of Japan in Tokyo, Sep.5th ,2016

( Sugihara in the second from left).

 

コンピューターシミュレーションと材料設計(第29回 DV-Xα研究会);八王子市の東京工科大学で8月8~9日開催されました。9日に「非分子そして非イオン状態の水のためのDVXα法」と云うタイトルで発表してきました。新しい発展への礎を目指した水の基礎研究です。

研究会の重鎮でもあり、香川大学・材料創造学科・石井研究室の石井教授。西の最も活発な研究室はテーマは違いますが、新たな材料開発に余念がありません。

第5回環境放射能除染研究学会で発表してきました;

福島県文化センターで2016年7月7日(木)に開催されました。詳細は学会のホームページをご覧ください。昨年は東京でありましたが、今年は福島で開催されました。これを契機に本当に放射能対策が進むことを期待します。6日の夕方、ポスターを貼り付けた後、すぐに質問したり、写真に撮ったりする方が現れました。「 水の微小エネルギーを用いた放射性セ シウムの根本的低減化」というタイトルです。

翌日もお一人、ある大企業の事業開発をやっている方が熱心にご質問下さいました。

興味があった企業の展示;ドローンに搭載して放射能(ガンマ線)の分布を可視化

食品・環境中の放射性セシウム測定装置も広く福島で活躍しておられる。下記バナーをクリックすると、企業さんのHPへアクセス。

 

熱電発電のエネルギーへ向けて、「エコマテリアル・フォーラム2016年度年会シンポジウム」で発表します。これからの世の中に絶対に必要な”熱電発電”です;

千代田区立・日比谷図書文化館大ホールで、2016年7月25日(月)12時半から開催されます。詳細はエコマテリアル・フォーラムホームページをご覧ください。

 タイトルは「熱電発電のこれまでの歩みとこれからの展開について」。

 

「お米の取り扱いによる放射能の低減について」

「福島県・浪江町の汚染土壌の放射能追跡3年間(ブライトン・長坂氏データ)